これからは、女の子のほうが増えるのではないでしょうか

中国の一人っ子政策で、中年の男性が、結婚相手を探しに精を出しているという番組を見ました。なぜに、男子だけ、そこまで増えてしまったのでしょうか。中国でも、一人っ子であれば、現代は、女の子のほうが欲しがられると思います。今度は女の子のほうが増えるでしょう。日本も、ここまで女の子が人気なのだから、女の子が増えてもいいのですが、産み分けもそう簡単にはいかないのでしょうか。産み分けの技術ができたら、100パーセント、幸せな妊婦さんでしょう。もちろん、男の子もかわいいのは分かっています。そちらを踏まえても、女の子が欲しいのです。
子育ては、格段と楽さが違います。幸せは、2歳ぐらいまでは違わないのですが、だんだんと、実感してくるのが、2歳以降です。まず、お洋服の色が違ってくるのです。パステルカラーを着ることはできませんから。シャーロット様なんて、青焦がれのドレスをお飯ですよね。着せてみたい人が多いと思います。

お金が欲しい、お金ができたらやりたいこと。

「お金欲しい〜貯金したい!頑張らなきゃ」が私の口癖です。お金を貯めたら何をしたいか、何を買いたいかを考えて書き出してみます。
まず、新しい車が欲しいです。現在は軽自動車を一台所有しています。現在5年目の車です。再来年の車検が来るまでに手放して、次は普通車が欲しいです。今考えている車はTOYOTAのハリアー、エクストレイルらcx-3などのSUVです。だいたい200〜300万円くらいするので頑張って一括で買えるようにお金を貯めます。次に欲しいのは、マイホーム。今の家にも不満はあまりありませんが、一生賃貸だなんて嫌だし、治安があまり良くない学区なので娘が小学生になる前には引っ越したいです。できるだけ今のところに長く住んでお金を貯めたいと思います。
もし家を買ったら欲しいものは、食器洗い機!絶対欲しいです。皿洗い嫌いなので。あとは洗濯機と乾燥機が一体型になっているものも欲しいです。自担家電は主婦の憧れです。

経済競争社会に対抗する弱者連合が出来る風潮になって欲しい

 安倍内閣が打ち出している経済改革のアベノミクスは,経済全体を見渡せば民主党の政権時代に比べると多大な効果が現れていますが,豊かな人達はより豊かになった反面,経済弱者とは格差が拡がった気がします。
 この傾向は小泉政権時代の規制緩和政策が発端となっており,現代の慢性的な問題である非正規雇用に関しても,派遣労働の制限を緩めた事が現代に繋がっていると感じます。
その後政権をとった民主党が万人を豊かにというばら色の方針で,手当や各種無償化・補助金などお金をばら撒く政策を進めようとしましたが,根拠のない財源で限定され実現できませんでした。
 安倍政権に移ってからは経済自由主義社会を作ろうとしていますが,競争社会は日本に合わない感じがします。
 良くも悪くも昔から日本は経済でも呉越同州社会を形成していて,悪例といわれている競争談合も業界の皆に仕事が行き渡るような水面下のシステムで,一人勝ちを防ぐセーフティーでもあったわけです。
 最近はどの業界でも価格破壊の安売りを仕掛ける業者がいます。
競争社会は知恵と工夫を生み出しますが,世渡り上手やアピール上手が得をする社会でもあります。
逆戻りは難しいですから,弱者同士が競争するのではなく力を合わせて乗り切っていく風潮になってくれたらと願うばかりです。

子どもと一緒に楽しく作っておいしいおやつ作り

現在専業主婦の私の趣味は料理です。
料理の中でも、お菓子作りが得意です。
朝食のパンがないとき、わざわざそれだけを買いに行くのも…という場合に作っています。
未就園児の子どもが2人いるので子ども達のおやつにを作ることもあります。
小さい子どもがいると外で遊ぶのも難しくて、特に夏場の暑い日は家にいることがほとんどです。
ずっと家にあるオモチャで遊ぶのも飽きてしまうので、子どもにも簡単なお手伝いをしてもらっています。
なによりも私が好きなことを一緒にできるので息抜きになります。
1人で作ったほうがスムーズにできるし、キッチンも汚れません。
が、そこは目を瞑っています。

子どももおままごと感覚で卵を割って牛乳を入れてくれたり、混ぜて生地を型に流し込んでくれたり楽しく思ってくれているようです。
自分で作ったお菓子はいつもは小食な子どももより多く食べてくれます。
お菓子によって野菜を入れられることもあるので、苦手な野菜を入れれば嫌がらず食べてくれるので助かっています。
明日はなにを一緒に作ろうかな。http://www.poieodesign.co/sokujitsu-kariire.html

規格外品でも味が一緒ならもっと売って欲しい

昨日は本業の会社である会社からお中元として「メロン」を頂きました。
この会社は毎年メロンを下さっていかにも高そうなメロンなのです。毎年頂くと頃合いを見計らってカットしてお昼に皆で頂くのですが今年はまだ早かったみたいで食べ頃になるまでには数日かかりそうです。
今日はデザートにメロンが食べれると期待していたので少しがっかりしました。
帰りに歩きながら急にメロンがやっぱり食べたくて気付いたらスーパーの果物コーナーにいました。
するとメロンが沢山売っていて甘い香りがして値段はピンきりだったのですが、夕張メロンが一つ700円位でちょうど食べ頃のシールが貼っていたので迷わずに買いました!
恐らく形がまん丸じゃないので規格外品と思われますが味が一緒なら私は全然気にしないので逆に夕張メロンが安く買えてラッキーでした。
家に帰り早速亡き祖父母もメロンが好きだったのでまずは仏壇にバランスが悪くて転がって来そうでしたが何とかお供え出来たので明日頂こうと思います。ベルタ酵素 購入場所

まつ毛を抜き合う訳の分からない罰ゲームを考案した

人間にとって大きな悩みの一つである、毛。なくて困る時もあれば、いらないところに無駄にあって困る時もあります。後者はムダ毛と呼ばれ、世界中で目の敵にされています。もちろん前者も世界的な悩みだと思いますが。
さて、そんなムダ毛の処理をヒントにした罰ゲーム、まつ毛抜きをこのほど考案しました。ここではその仕組みを「あっちむいてほい」の場合を例に説明したいと思います。
まずはあっちむいてほいをします。どちらかは必ず負けます。買ったほうは負けた方のまつ毛を掴み、引き抜きます。
以上です。
はっきり言って鬼畜といえるレベルの罰ゲームですが、罰ゲームとはそういうものだと思います。負け続けるとまつ毛が悲惨なことになるので、意地でも勝ってやろうと志が高くなり効果は抜群です。
欠点としては、ちょっと危険なのと見た目が地味なことです。これは要改善ですが、改善しようがないのが現実です。
ひとまずこの罰ゲームを使ってみましたが、まつ毛が短いのが悩みの友達のJ君はまるですべて抜いたかのような状態になってしまいました。
なお、危険ですのでマネしないことを強くお勧め致します。何かが起こってもこちらでは責任が取れません…。お金借りる 5万

やっと、ほっと出来る部屋を購入しました。

2014年にマンションを購入しました。重視した事は、価格・場所・間取りです。
場所については、私の実家と夫の実家の中間地点あたりである事と、アクセスが便利な事です。
子供がいない為、広い部屋は必要ないのですが、いずれ同居になる可能性もある為間取りには悩みました。
結果は予算の関係で、同居になるとちょっと狭い部屋を購入する事になりました。

場所については、両方の実家の中間地点あたりでアクセスが良いという事で、購入したマンションと同じ地下鉄駅の辺りでアパートを借りて生活をしていました。
マンション探しは、家から散歩をしながら、モデルルームを見つけると見学するといった感じでした。
限られたエリア内での家探しでしたので、見学した件数は多くはありませんが、最終的には、部屋にいてホッと出来る部屋を選びました。
戸建ても考えたのですが、高齢になってからの雪かき問題は避けたかった為、マンションを選びました。

モデルルーム見学をしていて思ったのですが、新築マンションでホッと出来る内装のマンションが少ないように思いました。
どちらかというとスタイリッシュという感じの部屋が多かったように思います。
好みの問題なのですが、ほっと出来る部屋を見つける事が出来て、良かったと思っています。
ネットでも部屋の映像は確認出来ると思いますが、実際にモデルルームへ行って確認する事が大切だと思います。

明日のおもたせのお使いに行きました。いいもの買えてよかった!

今日は大阪駅までお持たせを買いに行きました。
昼ごろ出かけたのですが、やはり暑いですね。曇りがちだったので、涼しいかもしれないなんて期待したらそんなことなかったです。
駅に着いたら汗だくでした。大阪駅でとりあえずお金をおろし、阪急百貨店に行きたかったのですが、全然場所がわからなくてしばらく迷子になっていました。
迷子になったのがちょうどよくていいお散歩になりました。
阪急百貨店に着いてからも、結局何を買うかすごく悩みました。
できれば大阪限定のものがいいかななんて思いながら。甘いものよりも辛いものを選びたくて、結局声をかけてもらったお店で買うことにしました。
夏限定の可愛い感じのおせんべいがあったので、それにしました。試食もさせてもらったのですが、とても美味しくていいものが選べました。
そのあとはもう一つのお持たせを選びにもう一周回っていましたが、面白そうなグミを見つけたので、それを買うことにしました。
これまた夏限定の味を選んだので、夏を感じることができればいいなと思います。

豪雨被害の犠牲になった方のお名前を見てショック

先程夕方のニュースを見ていたらとても残念なニュースが飛び込んで来ました。
先日の九州の豪雨被害の犠牲者が増えたというニュースだったのですが、ツイッターで行方不明ですということで見掛けていた名前の方が亡くなっていたことが判明したのです。
遺体自体は既に発見されていたそうなのですが、今日になってようやく身元が特定されたそうです。
身元の特定に時間が必要なくらい変わり果てた姿になってしまったということなのでしょうか?
先週までは生きていたのに犠牲になってしまうなんて本当に辛いです。
自分の知り合いとかではない方ですが、お孫さんがおばあちゃんと連絡が取れないことで凄く不安そうなツイートをしていたので私もずっと心配していました。
無事に生きていて欲しいと思っていましたが、その願いは叶わなかったのですね…。
土地勘はありませんが、まさかあんな道が大洪水に巻き込まれるなんて誰も想定していなかったことでしょう。
近くに川もなさそうでしたし山があるわけでもないのに…。
避難指示が早く出ていれば運命は変わっていたのかなとも思います。

交通規制がある日は荷物から移動まで変更が必要

車で仕事に行き始めて、初めての夏です。
夏には他の季節と違って大きく交通状況が変わるイベントがあります。
夏祭りや花火です。
運悪く地元の大きな花火大会が帰宅のルートに被っているのです。
しかし、交通規制は18時からで、普段その道路は17:30頃通ります。
行けるかなーと楽観視していましたが、絶対に電車の方が確実に帰れるアドバイスをもらいました。
車線規制が入る前後はかなり混みます。しかも帰宅ラッシュの時間です。
用事がないなら呑気に帰ればいいのですが、保育所のお迎えに行かなくてはいけません。
最近は車での移動にすっかり慣れてしまい、楽しむ事も覚えました。
そのため、荷物も沢山になっていたのです。
電車と自転車で移動する事になるので、出来るだけ身軽にならなくてはなりません。
荷物を最小限にしないと移動が大変なので遊びの物は置いて行かなくてはなりません。
厄介な日に移動の仕事が当たってしまった不運を呪っています。残念です。