経済競争社会に対抗する弱者連合が出来る風潮になって欲しい

 安倍内閣が打ち出している経済改革のアベノミクスは,経済全体を見渡せば民主党の政権時代に比べると多大な効果が現れていますが,豊かな人達はより豊かになった反面,経済弱者とは格差が拡がった気がします。
 この傾向は小泉政権時代の規制緩和政策が発端となっており,現代の慢性的な問題である非正規雇用に関しても,派遣労働の制限を緩めた事が現代に繋がっていると感じます。
その後政権をとった民主党が万人を豊かにというばら色の方針で,手当や各種無償化・補助金などお金をばら撒く政策を進めようとしましたが,根拠のない財源で限定され実現できませんでした。
 安倍政権に移ってからは経済自由主義社会を作ろうとしていますが,競争社会は日本に合わない感じがします。
 良くも悪くも昔から日本は経済でも呉越同州社会を形成していて,悪例といわれている競争談合も業界の皆に仕事が行き渡るような水面下のシステムで,一人勝ちを防ぐセーフティーでもあったわけです。
 最近はどの業界でも価格破壊の安売りを仕掛ける業者がいます。
競争社会は知恵と工夫を生み出しますが,世渡り上手やアピール上手が得をする社会でもあります。
逆戻りは難しいですから,弱者同士が競争するのではなく力を合わせて乗り切っていく風潮になってくれたらと願うばかりです。