学費無償・・・ちょっと待って!所得制限かなり厳しいよ

幼稚園や高校など、義務教育ではない学校教育の授業料が無償になると盛んにアピールされています。
あたかも、いまこれらの教育を受けているほとんどの家庭が授業料無償になっているかのようなイメージです。
ですがちょっと待ってください。
無償になるにはかなり厳しい所得制限があるのです。
だいたい世帯年収200〜300万円以下で無償という自治体がほとんど。
・・・まあ幼稚園ならありえるかもしれませんが、高校に通わせる世帯がそんな年収じゃあ生活もままならないでしょう。
大抵の家庭では両親共働きで苦労してなんとか年収400万円以上稼ぎ出しているのが一般的だと思うのです。
だから、無償になっている家庭はごくごく一部。
普通に生活している家庭は、よくて年間10万円程度の補助が出るぐらいです。
それでも少しでもいただけるならありがたいですけどね。
ちなみに、補助をもらうには、面倒な手続きを年数回しないといけません。
平日に区役所行って課税証明書を発行してもらい、それと必要書類を揃えて学校に提出するのです。
補助してもらうのだから手間かかるのは当たり前だろう、というのが見え見えですね。脱毛ラボ 48箇所