健康を維持するためには適度な運動が必要です

人は健康を維持するためにも、適度に運動をする必要があります。
運動法には「有酸素運動」と「無酸素運動」がありますが、この2つの運動にはどのような違いがあるのでしょうか。

有酸素運動とは、酸素を使い脂肪を燃焼させる運動です。
ジョギング、ウォーキング、水泳、自転車、なわとびが有酸素運動になります。
体内に溜め込んだ脂肪を効率的に燃やすには、30分以上継続して運動する必要があります。

無酸素運動とは、酸素を使わずに体内のグリコーゲンを使ってエネルギーを生み出す運動です。
筋力トレーニングや短距離走が無酸素運動の代表です。
瞬発的に最大限の力を発揮するため、筋肉に疲労が蓄積します。

脂肪を減らし痩せたいのであれば、有酸素運動が効果的です。
太りにくい体質になりたいならば、筋肉量を増やす無酸素運動が効果的です。
健康維持の観点から考えると、毎日有酸素運動をメインに行い、筋力維持に無酸素運動を少し行うのが良いでしょう。低金利でお金借りる