メガドライブもサターンも一癖あり好きだった。

メガドライブとかサターンは結構思い出深いソフトがあって特に遊んだのはやはりシミュレーションゲームなんだけど、ちょっと癖のあるものが多かった。例えば、ものすごいマップの広いところに莫大な数の兵器数のアドバンスド大戦略、難易度も高いうえにコンピューターの思考時間も長い一癖も二癖もあって、長く遊べるという長所といつまでたっても終わらないという短所もあった。前後して申し訳ないが、これがあるからメガドライブを持ってたといって過言じゃないバハムート戦記。それほど難易度が高くはないが、油断しているとあっさり負けるのは信長の野望初期と似ているかな。あれも理不尽でいきなりゲームを開始したら徳川が攻め込んできて準備をする間もなくやられてしまうことがあったからね。ただし、ある程度領地を取ってしまうとあとは、作業ゲームになってしまうわけだ。あとシミュレーションではないがエネミーゼロの見えない敵をやっつけろというもの、普通ゲームで頼りになるのは目なんだがこのゲームの場合音が鍵になっている。